ひこぐまの米国株速報まとめブログ

ちょっと興味があるんだけど、まだ試してない、実際どうなの?って話をブログにまとめます!新たな世界への挑戦と、生活を豊かにする情報を共有します(*^^*)

【米国株】パフォーマンス早見表

f:id:kyoumi_ari:20220228213835p:plain

 

こんにちは‼

本気で40歳FIREを目指す「ひこぐま」です。

本日の米国市場総まとめです。

※投資は自己責任であり、上昇下落を確約するものではありません。

 

スマホ向けスプレッドシート

米国株データ一覧(スマホ向け)

 

【PC向けスプレッドシート

米国株データ一覧(PC向け)

 

(あなたへのオススメ商品)

 

 

【目次】

 

【はじめに】

 

【自己紹介】

私の自己紹介は以下のリンクで詳しく説明しています!

 

Twitter】米国株速報を毎日配信中💹

 

【公式LINE】(ちょっと興味があるLINE)
友だち追加

※米国株関連記事を不定期で発信しています。

 

【資産運用の始め方】

 初めに米国株投資を行うためには、証券口座を解説し、投資商品を選択後、積立設定を行う必要があります。初心者の方にこれらを一から解説した記事を作成しましたので、口座開設時はこちらを参考にしてください。

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

【米国主要3指数】

 今日のマーケットは以下のようになりました。まずは主要3指数の動きから確認していきましょう。

※読み込みに時間がかかることがあります。気長にお待ちください。

(1) 基本情報/年初来チャート

(※アイキャッチ画像)

 

【NY Dow】

(1) 組み入れ比率

nikkeiyosoku.com

 

(2) PER・前日比騰落率・年初来チャート

 

(3)チャート

jp.tradingview.com

 

【S&P100】

(1) 組み入れ比率

nikkeiyosoku.com

 

(2) PER・前日比騰落率・年初来チャート

 

(3)チャート

jp.tradingview.com

 

【NASDAQ100】

(1) 組み入れ比率

nikkeiyosoku.com

 

(2) PER・前日比騰落率・年初来チャート

 

(3)チャート

jp.tradingview.com

 

【セクター別パフォーマンス】

(1) 基本情報

米国株まとめ(全体版)を参照。

 

【高配当株パフォーマンス】

(1) 基本情報・年初来チャート

 

【人気ETFパフォーマンス】

 2020〜2021年に高パフォーマンスを出したETFの基本情報を示す。

(1) 基本情報・年初来チャート

 

【XLK/TECL】

 米国テクノロジーセクターSPDRファンド全76銘柄の基本情報を示す。

(1) 組み入れ比率

nikkeiyosoku.com

 

(2)PER・前日比騰落率

 

(3)チャート

jp.tradingview.com

 

【SOXL/SMH】

(1) 組み入れ比率

nikkeiyosoku.com

 

(2)PER・前日比騰落率

 

(3)チャート

jp.tradingview.com

 

【FDN/WEBL】

(1) 組み入れ比率

nikkeiyosoku.com

 

(2) PER・ PSR・前日比騰落率

 

(3)チャート

jp.tradingview.com

 

【ARKK】

(1) 組み入れ比率

nikkeiyosoku.com

 

(2)PER・ PSR・前日比騰落率

 

(3)チャート

jp.tradingview.com

 

【ベア型ETF

(1) 前日比騰落率・年初来チャート

 

【今日のVIX】

jp.tradingview.com

 

【おわりに】

 ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました。こちらでより詳しい記事を書いています!

note.com

 

 

 

 

written by ひこぐま管理人

 

記事一覧へ戻る

 

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

【決算】マイクロソフトカンファレンスコール(日本語訳)

マイクロソフト2023 年度第 2 四半期決算電話会議 
Brett Iversen、Satya Nadella、Amy Hood 
2023 年 1 月 24 日火曜日


ブレット・アイバーセン: 

こんにちは。本日はご参加いただきありがとうございます。私との通話には、会長兼最高経営責任者のサティア・ナデラ、最高財務責任者のエイミー・フッド、最高会計責任者のアリス・ジョラ、副法務顧問のキース・ドリバーがいます。

 

Microsoftインベスター リレーションズWeb サイトでは、決算に関するプレス リリースと財務概要のスライド デッキをご覧いただけます。これは、本日の電話会議で準備した発言を補足することを目的としており、 GAAPと非GAAPの財務指標 の違いを調整することを目的としています。

 

この電話会議では、特定の非GAAP項目について話し合います。提供されている非GAAP財務指標は、 GAAPに従って作成された財務実績指標の代替またはそれよりも優れていると見なされるべきではありませんこれらは、これらの項目や出来事が財務結果に与える影響に加えて、投資家が会社の第 2 四半期の業績をさらに理解するのに役立つ追加の明確な項目として含まれています。 

 

本日電話会議で行ったすべての成長率の比較は、特に断りのない限り、昨年の対応する期間に関連しています。また、為替レートの変動の影響を除いて、基礎となる事業の業績を評価するためのフレームワークとして、利用可能な場合は恒常通貨での成長率を提供します。成長率が一定通貨で同じ場合、成長のみを参照します。 

 

完全なトランスクリプトが利用可能になるまで、電話の直後に準備した発言をウェブサイトに掲載します。今日の電話会議はライブでウェブキャストされ、録画されています。質問をすると、それは私たちのライブ送信、トランスクリプト、および将来の録音の使用に含まれます. Microsoft Investor RelationsのWeb サイトで、通話を再生し、トランスクリプトを表示できます。 

 

この通話中に、将来の出来事に関する予測、予測、またはその他の声明である将来の見通しに関する声明を作成します。これらの記述は、リスクと不確実性を伴う現在の予想と仮定に基づいています。実際の結果は、本日の決算プレス リリース、この電話会議でのコメント、フォーム 10-K、フォーム 10-Q、その他の報告書および証券会社への提出書類のリスク要因セクションで説明されている要因により、大きく異なる可能性があります。と交換委員会。当社は、将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません。 
それで、サティアに電話をかけます。 


サティア・ナデラ:
ありがとう、ブレット。 
 
変化する環境と私たちの優先事項について、先週従業員と共有したコンテキストから始めたいと思います。 

顧客やパートナーと会う中で、いくつかのことがますます明らかになっています。パンデミック中に顧客がデジタル支出を加速させたのと同じように、顧客がその支出を最適化しているのを私たちは見ています。 


また、マクロ経済の不確実性を考えると、組織は慎重になっています。  そして、世界で最も高度な AI モデルを新しいコンピューティング プラットフォーム に変えることで、コンピューティングの次の大きな波が生まれています。

 

この環境で、私たちは 3 つのことを確信しています。 
これは、Microsoftがお客様と協力して、お客様が技術支出からより多くの価値を実現し、長期的な忠誠心を構築して地位を共有するのを支援すると同時に、自社のコスト構造を社内で調整する重要な時期です収益の伸び。 

 

これにより、 GDPに対するデジタル支出の割合が増加するという長期的なトレンドに参加する準備が整います。  

 

そして最後に、プラットフォームの移行中に 最大の企業価値が生み出されることを知って、私たちは AI 時代をリードします。

 

それを背景に、Microsoft Cloud の四半期収益は 270 億ドルを超え、恒常通貨で 22% および 29% 増加しました。
  
ここでは、Azure をはじめとするイノベーションの例を紹介します。 


クラウドに移行することは、今日の経済において、需要の不確実性とエネルギー コストを軽減しつつ、クラウド ネイティブ開発の効率性を高める最善の方法です。  

 

企業は数百万のコアを Azure に移行し、2 年前の 2 倍のコアを現在クラウドで実行しています。それでも、長期的なクラウドの機会に関しては、まだ初期段階にあります。

 

一例として、保険会社の AIA は、Azure に移行することで 20% 以上を節約し、IT プロビジョニング時間を数か月からわずか 1 時間に短縮しました。  

 

また、Azure Arc を使用してハイブリッド コンピューティングをリードし続けています。Citrix、Northern Trust、 PayPalなどの企業を含め、現在、1 年前の 2 倍の 12,000 を超える Arc の顧客がいます。 

 

では、データに移ります。  

顧客は、その包括性、統合、および低コストのために、競合他社よりも  Microsoftインテリジェント データ プラットフォームを選択して実装し続けています。

 

たとえば、バイエルはデータ スタックを使用して、規制要件を満たしながら、臨床試験の結果をより迅速かつ効率的に評価しました。ASOS は Cosmos DB を選択して、2,600 万を超える世界中の顧客のリアルタイムの製品レコメンデーションと注文処理を強化しました。 

では、AIについて。 
 
AI の時代が到来し、Microsoftはそれを後押ししています。私たちは、プラットフォームとして利用できる基盤モデルの機能の非線形の改善を目の当たりにしています。 

 

また、お客様がクラウド プロバイダーを選択し、新しいワークロードに投資するとき、私たちは AI のリーダーとしてその機会を捉える絶好の位置にいます。 

 

クラウドには最も強力な AI スーパーコンピューティング インフラストラクチャがあります。ChatGPT などの最先端のモデルやサービスをトレーニングするために、OpenAI などの顧客やパートナーによって使用されています。 

 

先週、Azure OpenAI サービスを広く利用できるようにしました。KPMG からアル ジャジーラまで、すでに 200 を超えるお客様が利用しています。まもなく ChatGPT のサポートを追加し、お客様が独自のアプリケーションで初めて ChatGPT を使用できるようにします。 

 

そして昨日、OpenAI との契約の次の段階が完了したことを発表しました。私たちは彼らの独占的なクラウド プロバイダーであることをうれしく思っており、AI の最先端を推し進めながら、私たちの消費者向け製品と企業向け製品に彼らのモデルを展開していきます。
  
このイノベーションのすべてが、Azure AI サービス全体の 成長を促進しています。
Azure ML の収益だけでも 5 四半期連続で 100% 以上増加しており、AXA、FedEx、H&R Block などの企業が自社のモデルをデプロイ、管理、管理するサービスを選択しています。 
さて、開発者に移りましょう。 

 

アプリケーションのモダナイゼーションは、今日の企業の業務にとってミッション クリティカルです。また、GitHubVisual Studio、および Azure PaaS サービスにより、最も包括的なツールのポートフォリオを利用できます。 


GitHubは現在、1 億人の開発者の拠点となっています。そしてGitHub Copilot は、この時代のために構築された最初の大規模な AI 製品であり、開発者の生産性を根本的に変革します。これまでに 100 万人以上が Copilot を使用しています。 

 

今四半期、私たちは Copilot を企業に導入しました。Duolingo、Lemonade、Volkswagenの CARIAD ソフトウェア グループなどの企業からの強い関心と早期採用が見られました。  

次に、Power Platform に進みます。 

 

Power Platform は、今日の環境ですべての企業が業務を合理化し、生産性を向上させようとする中で、不可欠なデジタル トランスフォーメーション ツールになりつつあります。 

ローコード/ノーコード ツール、自動化、仮想エージェント、ビジネス インテリジェンスにまたがるエンド ツー エンド スイートを使用して 、顧客が優れたタイム トゥバリューを実現できるよう支援しています。

 

私たちはロボティック プロセス オートメーションをリードしています。Power Automate には、 AT&TからRabobankまで、45,000 を超える顧客がおり、前年比で 50% 以上増加しています。  

 

また、自然言語プロンプトを複雑なワークフローに変える AI を活用した新しい機能を導入することで、誰でも簡単に反復タスクを合理化できるようにしています。 
次に、ビジネス アプリケーションに進みます。 

 

Dynamics 365 は、企業がサービス、財務、カスタマー エクスペリエンス、およびサプライ チェーン機能をデジタル化するのを支援するため、シェアを獲得しています。たとえば、G&J Pepsi - Cola Bottlers は、事後対応型のフィールド サービスから予測型のフィールド サービスに移行しています。  


富士フイルムはオペレーションを最適化しています。Investec は、会話型インテリジェンスを使用してより迅速に取引を成立させています。テキサス州の Baylor, Scott & White は、当社のデジタル コンタクト センター プラットフォームを使用して、患者とのコミュニケーションを強化しています。 

 

そして今四半期には、新しいサプライ チェーン プラットフォームを導入し、iFit や Kraft-Heinz などの顧客が AI を適用して混乱を予測および軽減できるよう支援しています。 

次に、業界向けソリューションに進みます。 

 

当社の業界および業界横断的なクラウドは、当社の技術スタック全体のプルスルーを推進しています。 

 

先週の NRF では、小売業者が日々の業務を管理し、実店舗をデジタル化するのに役立つ新しいツールを導入したため、小売業向けのクラウドが中心的役割を果たしました。ポーランドの小売業者 Zabka は、当社の技術を利用して、ヨーロッパ最大の自律型店舗チェーンを構築しました。 

 

金融サービスでは、ロンドン証券取引所グループとの新しいパートナーシップにより、次世代のデータ、分析、およびワークスペース ソリューションが提供されます。 

 

また、ヘルスケアの分野では、AI から 真の価値を生み出そうとするすべてのプロバイダーにとって、私たちは急速に最適なパートナーになりつつあります。

 

Nuance DAXアンビエント インテリジェンス ソリューションを使用すると、医師は文書化にかかる時間を半分に短縮し、患者とのやり取りの質を向上させることができます。 

次に、システム オブ ワークについて説明します。 

 

Microsoft 365、Teams、および Viva は、すべての組織が新しい仕事の世界に適応するために不可欠です。 

 

Microsoft 365 は、確立されたアプリケーションと、デザイナー、ストリーム、ループなどの新しいアプリの両方を使用して、すべての個人が創造性と生産性を高めることができる AI ファーストのプラットフォームに急速に進化しています。  

 

コンシューマ サブスクライバーは 6,300 万人を超え、前年比で 12% 増加しました。また、Microsoft 365 "Basic" を導入し、より多くの人々にプレミアム サービスを提供しました。 

 

Teams の月間アクティブ ユーザー数は今四半期で 2 億 8,000 万人を超え、パンデミック以来の持続的な勢いを示しています。そして、コラボレーションからチャット、ミーティング、通話まで、あらゆるカテゴリーでシェアを獲得し続けています。  
Teams は、第一級のプラットフォームとして登場しました。

 

Adobe 、Atlassian、Polly、ServiceNow、Workday のアプリのアクティブ ユーザー数はそれぞれ 50 万人を超えており、ユーザー数が 10,000 人を超えるサードパーティ アプリの数は前年比で 40% 近く増加しています。 

 

500,000 を超えるアクティブな Teams ルーム デバイスがあり、前年比で 70% 増加しています。また、1,000 室を超える顧客の数は、前年比で 2 倍になりました。ノボ ノルディスクは、チーム ルームを世界中の 5,000 の会議室に導入します。これは、これまでで最大の契約です。 

 

Teams Phone は引き続きシェアを獲得し、クラウド通話のマーケット リーダーです。過去 12 か月だけで、500 万以上の PSTN シートを追加しました。 

 

Teams Premium では、エンド ツー エンドの暗号化や AI を活用した要約などの高度な機能に対する企業の需要に応えています。プレビューに強い関心が寄せられており、来月には広く利用できるようになります。 

 

Microsoft Viva により、従業員のエクスペリエンスと組織の生産性に関する新しい市場カテゴリが作成されました。

US Bank は Viva を使用して従業員のコミュニケーションを合理化しています。そして Carlsberg は、29,000 人の従業員のデジタル従業員エクスペリエンスを一元化するために Viva に目を向けました。 

 

今日の環境では、組織全体を最も重要な仕事に合わせることが重要です。Viva Goals は、目標と主要な結果を日常業務の流れに直接組み込みます。 

 

ビジネスプロセスにおいてもVivaは欠かせないツールとなっています。Viva Sales は、販売者向けのMicrosoft 365の "スーパー アプリ" です。この四半期に一般公開されて以来、強い関心が寄せられています。 全体として、組織がMicrosoft 365に統合されていることが引き続き見られます。

 

企業のお客様の 80% が 5 つ以上のMicrosoft 365 アプリケーションを使用しています。また、EY、 IKEA、NTT Communications、Rio Tinto、バージニア州政府などの民間および公共部門の組織は、高度なセキュリティ、コンプライアンス、音声、および分析のために、ますます当社のプレミアム E5 製品を選択しています。

 

次に、Windowsに進みます。 

この四半期に出荷された PC の数は減少し、パンデミック前のレベルに戻りましたが、Windowsの使用強度はパンデミック前よりも高くなり続けており、PC 1 台あたりの使用時間は 10% 近く増加しています。 

 

月間アクティブ デバイス数も、この四半期で過去最高を記録しました。  

また、企業顧客の場合、Windows 11 の採用は、その差別化されたセキュリティと生産性の価値提案 により、増加し続けています。また、クラウド配信のWindowsの成長
も見られ、 Windows 365 と Azure Virtual Desktopの使用量は前年比で 3 分の 2 以上増加しています。

 

Campari や Grant Thornton UK から、Nutrien や Woolworths まで、あらゆる業界のリーダーが、Fortune 500 の 60% 以上を含む、 クラウド配信型のWindowsを使用しています。

では、セキュリティへ。 

 

過去 12 か月間で、当社のセキュリティ ビジネスの収益は 200 億ドルを超えました。これは、お客様がクラウドとエンドポイント プラットフォーム全体でデジタル資産を保護できるよう支援するためです。  

 

私たちは、ID、セキュリティ、コンプライアンス、デバイス管理、プライバシーにまたがる統合されたエンドツーエンドのツールを備えた唯一の企業であり、毎日 65 兆を超える信号について情報を得てトレーニングしています。 


私たちは、サービスを提供するすべての主要なカテゴリでシェアを獲得しています。 

お客様は、リスク、複雑さ、およびコストを削減するために、当社のセキュリティ スタックに統合しています。4 つ以上のワークロードを持つ組織の数は、前年比で 40% 以上増加しました。 

 

たとえば、英国の小売業者である Fraser's Group は、10 のセキュリティ ベンダーからMicrosoftだけに統合しました。 

 

Roku は、ID とアクセス管理を Azure Active Directoryを使用してクラウドに移行しました。また、アステラ ファーマ、Ferrovial、およびトロント大学、統合された XDR および SIEM 機能により、  すべてMicrosoft Sentinel に切り替えました。

それではLinkedInへ。 

 

人々や企業は、つながり、学び、販売し、雇用されるために、引き続き LinkedIn に注目しています。 

 

9 億人を超えるメンバーの間で再び記録的なエンゲージメントが見られました。毎秒 3 人のメンバーがサインアップしています。これらのメンバーの 80% 以上は、米国外の出身です。  

 

また、メンバーが専門的な知識と専門知識を見つけて共有するためにプラットフォームにアクセスするようになると、ニュースレターの作成は前年比で 10 倍になりました。 
スキルは新しい通貨であり、変化する役割や業界に対応するためにスキル構築に投資する人が増えています。11 の言語で 20,000 以上のコースを提供しています。  

 

また、企業は資格のある人材を特定するために、学位や経歴の代わりにスキルベースのアプローチにも目を向けており、LinkedIn の採用担当者の 45% 以上がスキル データを明示的に使用して役割を果たしています。 

 

最後に、LinkedIn マーケティング ソリューションは、 B2Bデジタル広告のリーダーであり続け、企業が適切なメッセージを適切な対象者に安全で信頼できるプラットフォームで配信できるよう支援します。 

では、宣伝に移ります。 

 

広告市場の逆風にもかかわらず、私たちはファーストパーティとサードパーティポートフォリオ全体で革新を続けています。 

 

当社のブラウザであるMicrosoft Edgeは、7 四半期連続でシェアを獲得しました。Bing は米国でシェアを獲得し続けています。また、Start パーソナライズド コンテンツ フィードの毎日のユーザー数は、前年比で 30% 以上増加しました。 

 

現在、小売業者に力を与え、サードパーティの在庫を拡大しています。 
私たちは、Promote IQ を使用して、オーストラリアの小売業者 Endeavour やカナダの Hudson's Bay などの企業向けに、完全なオムニチャネル メディア プラットフォームを構築しています。また、ブラジル最大のテレビ放送局である Globo は、その市場で新しいメディア購入プラットフォームを立ち上げるために Xandr を選択しました。  

さて、ゲームへ。

 

ゲームでは、いつでも、どこでも、好きな方法で素晴らしいゲームをプレイできる選択肢をプレイヤーに提供するという目標を追求し続けています。 


Game Pass サブスクリプション、ゲーム ストリーミング時間、月間アクティブ デバイス数が過去最高を更新しました。また、この四半期の月間アクティブ ユーザー数は過去最高の 1 億 2000 万人を超えました。 Game Passに付加価値を与えるための投資を続けています。今四半期、当社はライアット ゲームズと提携して、同社の PC およびモバイル ゲームをプレミアム コンテンツと共にサブスクライバーが利用できるようにしました。 

 

そして最後に、 ZeniMaxXbox Game Studiosからのエキサイティングな新しいタイトルを含む、今後の AAA ゲーム発売のラインナップによって私たちは元気づけられます. そして、明日のショーケースで詳細とゲームプレイを共有します. 

 

最後に、私たちの使命、顧客、およびパートナーに対する継続的な献身に対して、従業員に深い感謝の意を表したいと思います。  


私たちは、オペレーショナル エクセレンスの基準を引き上げながら、長期的な機会とイノベーション アジェンダを緊急に追求し続けます。 
それでは、エイミーに譲ります。 
 
エイミー・フッド: 
ありがとう、サティア、そしてみなさん、こんにちは。 

先週の発表で伝えられた決定を下支えする、変化する環境と私たちの優先事項に関するサティアの考えを繰り返すことから始めたいと思います. 結果として生じる第 2 四半期の費用は、売上総利益に 1 億 5,200 万ドル、営業利益に 12 億ドル、1 株当たり利益に 0.12 ドルのマイナスの影響を与えました。


第 2 四半期の収益は 527 億ドルで、恒常通貨で 2% および 7% 増加しました。費用を調整すると、売上総利益は 2% 増加し、恒常通貨で 8% 増加しました。営業利益は 3% 減少し、恒常通貨で 6% 増加しました。1 株当たり利益は 2.32 セントで、恒常通貨で 6% 減少し、2% 増加しました。

 

コンシューマ ビジネスでは、PC 市場は期待どおりでしたが、実行上の課題がSurfaceビジネスに影響を与えました。広告費は予想をわずかに上回り、検索広告とニュース広告、LinkedIn マーケティング ソリューションに影響を与えました。

 

コマーシャル事業では、期待通りの力強い成長を遂げました。しかし、Satya から聞いたように、この環境では顧客が慎重になっていることがわかり、12 月にかけて結果は弱まりました。Microsoft 365 スイート 以外で販売されているスタンドアロンの Office 365、EMS、およびWindows商用製品全体で、Azure での消費の伸びは緩やかであり、新規ビジネスの伸びは予想を下回りました。 

 

地理的な観点からは、世界中の多くの地域で強力な実行が見られましたが、米国でのパフォーマンスは予想よりも低かった.

 

重要なのは、データと AI、ダイナミクス、チーム、セキュリティ、エッジなどの分野で引き続きシェアが伸びていることです。  

 

コマーシャル受注は予想を下回り、恒常通貨ベースで 7% および 4% 増加しました。強力な回収率や前年比での Azure コミットメントの増加など、更新販売活動全体で一貫して実行されましたが、前述の新しいスタンドアロン ビジネスの成長の鈍化によって部分的に相殺されました。

 

コマーシャル残存履行義務は 29% 増加し、恒常通貨で 26% 増加して 1,890 億ドルになりました。今後 12 か月で約 45% が収益として認識され、前年比で 24% 増加します。今後 12 か月を超えて認識される残りの部分は、32% 増加しました。当社の年金構成は、前年比で 2 ポイント増加して 96% になりました。

 

FX は、予想通り、全社収益を 5 ポイント減少させました。セグメント レベルでは、FX は生産性とビジネス プロセスの収益成長率を 6 ポイント低下させ、予想を 1 ポイント上回りました。インテリジェント クラウドおよびモア パーソナル コンピューティングに対する為替の影響は、いずれも予想通りでした。さらに、FX は COGS と営業費用の伸びの両方を 2 ポイント減少させ、予想に対して 1 ポイント不利でした。

 

Microsoft Cloud の収益は 271 億ドルで、恒常通貨ベースで 22% および 29% 成長し、予想を上回りました。 

 

Microsoft Cloud の売上総利益率は、前年比で約 2 ポイント増加して 72% になりました。これは、エネルギー コストの低下により、予想を 1 ポイント上回りました。耐用年数の会計上の見積もりの​​変更の影響を除外すると、Microsoft Cloud の売上総利益率は、主に Azure への販売構成のシフトによって約 1 ポイント減少しました。

 

会社の売上総利益率は 67% でした。会計上の見積もりの​​変更の影響を除外すると、粗利益率は約 2 ポイント減少しました。これは、 OEM収益の組み合わせの低下と、販売構成がライセンスからクラウドに移行したことによるものです。 

 

第 2 四半期の費用を調整すると、営業費用は 11% 増加し、恒常通貨で 13% 増加し、予想を約 5 億ドル下回りました。営業費用の増加は、クラウド エンジニアリング、Nuance の買収、LinkedIn への投資によるものです。

 

全社レベルでは、12 月の従業員数は 1 年前よりも 19% 増加しました。従業員数の連続的な増加は 1% 未満でした。前年同期比の成長率には、それぞれ昨年第 3 四半期と第 4 四半期に完了した Nuance と Xandr の買収による約 6 ポイントが含まれています。

 

費用を調整すると、営業利益率は前年比で約 2 ポイント減少し、41% になりました。会計上の見積もりの​​変更の影響を除外すると、営業利益率は、主に不利な為替の影響と、Windows OEM収益の構成比の低下により、約 4 ポイント減少しました。     

 

次に、セグメントの結果です。

プロダクティビティおよびビジネス プロセスからの収益は 170 億ドルで、恒常通貨ベースで 7% および 13% 増加しました。これは、前述の為替の有利な影響を除外した場合の予想どおりです。

 

オフィスのコマーシャル収益は、恒常通貨ベースで 7% および 14% 増加しました。Office 365 の商用収益は、恒常通貨ベースで 11% および 18% 増加しました。これは、E5 の勢いが引き続き強いため、健全な更新の実行とARPU の成長により、予想をわずかに上回りました。有料の Office 365 商用シートは、すべてのワークロードと顧客セグメントにわたってインストール ベースが拡大したことで、前年比で 12% 増加しました。

 

シート数の増加は、中小規模のビジネスおよび最前線の従業員向けのサービスによって促進されましたが、前述の新規ビジネスの成長の鈍化による影響も見られました。

 

Office の消費者収益は 2% 減少し、恒常通貨ベースで 3% 増加しました。Microsoft 365 サブスクリプションは引き続き勢いがあり、12% 増加して 6,320 万になりましたが、トランザクショナル ビジネスの減少によって部分的に相殺されました。 

 

LinkedIn の収益は、前述の広告トレンドによるマーケティング ソリューションの弱さによって部分的に相殺されましたが、タレント ソリューションの 成長によって牽引され、恒常通貨で 10% および 14% 増加しました。


Dynamics の収益は、恒常通貨ベースで 21% および 29% 成長した Dynamics 365 に牽引されて、恒常通貨ベースで 13% および 20% 増加しました。 

 

セグメントの売上総利益は、恒常通貨ベースで 8% および 16% 増加し、売上総利益率は前年比で約 1 ポイント増加しました。会計上の見積もりの​​変更の影響を除外すると、売上総利益率はクラウド サービスへの販売構成のシフトによってわずかに減少しました。

 

営業費用は、第 2 四半期の費用からの約 5 ポイントを含め、恒常通貨で 12% および 14% 増加しました。 営業利益は、会計上の見積もりの​​変更による 3 ポイントの有利な影響が、前述の第 2 四半期の費用による 3 ポイントの不利な影響によって相殺されたため、恒常通貨ベースで 6% および 17% 増加しました。

 

 
次に、インテリジェント クラウド セグメントです。収益は 215 億ドルで、予想通り、恒常通貨で 18% および 24% 増加しました。 

 

全体として、サーバー製品とクラウド サービスの収益は一定通貨で 20% と 26% 増加しました。Azure およびその他のクラウド サービスの収益は、恒常通貨で 31% および 38% 増加しました。前述のように、成長は特に 12 月に引き続き緩やかになり、30 代半ばの Azure の一定通貨の成長で四半期を終了しました。

 

ユーザーごとのビジネスでは、エンタープライズ モビリティとセキュリティのインストール ベースが 16%増加して 2 億 4,100 万シートを超えました。 

 

オンプレミス サーバー事業では、売上高が 2% 減少し、恒常通貨ベースで 2% 増加しましたが、継続的なハイブリッド需要がトランザクション ライセンスの弱さによって相殺されました。

 

エンタープライズ サービスの収益は、恒常通貨で 2% および 7% 増加しました。 


セグメントの売上総利益は 17% 増加し、恒常通貨で 23% 増加し、売上総利益率はわずかに減少しました。会計上の見積もりの​​変更の影響を除外すると、Azure への販売構成のシフトとエネルギー コストの上昇により、売上総利益率は約 3 ポイント低下しました。

 

営業費用は、恒常通貨で 34% および 37% 増加しました。これには、前述の第 2 四半期の費用による影響が約 13 ポイント、Nuance の買収による影響が約 7 ポイント含まれています。

 

営業利益は、会計上の見積もりの​​変更による約 7 ポイントの有利な影響が、第 2 四半期の費用による約 7 ポイントの不利な影響によって相殺されたため、7% および恒常通貨で 15% 増加しました。

 

次に、パーソナル コンピューティングについて説明します。収益は 142 億ドルで、恒常通貨ベースで 19% および 16% 減少し、SurfaceWindowsコマーシャル、および検索が牽引する予想を下回りました。


Windows OEMの収益は、予想どおり、前年比で 39% 減少しました。昨年のWindows 11 の延期による影響を除外すると、収益は好調な前年比で 36% 減少しました。 

 

バイスの収益は、新製品の発売に関する実行上の課題により、予想を下回り、恒常通貨で 39% および 34% 減少しました。

 

Windowsの商用製品とクラウド サービスの収益は、恒常通貨ベースで 3% 減少し、3% 増加しました。これは主に、前述のスタンドアロン製品の新規ビジネスの成長が鈍化したためです。

 

TAC を除く検索およびニュース広告の収益は、恒常通貨ベースで 10% および 15% 増加し、前述の予想を少し下回りました。Edge ブラウザーは、今四半期に予想を上回るシェアを獲得しました。Xandr の買収は、およそ 6 ポイントの利益に貢献しました。 


また、ゲームの収益は予想通り 13% 減少し、恒常通貨ベースで 9% 減少しました。Xboxハードウェアの収益は 13% 減少し、恒常通貨では 9% 減少しました。Xboxのコンテンツおよびサービスの収益は、昨年のファースト パーティのコンテンツが好調だったことから、恒常通貨ベースで 12% および 8% 減少しました。

 

セグメントの売上総利益ドルは恒常通貨で 29% および 24% 減少し、売上総利益率は前年比で約 7 ポイント減少しました。これは、デバイス売上総利益の低下と、利益率の低い事業への売上構成のシフトによるものです。

 

営業費用は、恒常通貨ベースで 6% および 9% 増加しました。これには、前述の第 2 四半期の費用による影響が約 6 ポイント、Xandr 買収による影響が 3 ポイント含まれています。営業利益は 47% 減少し、恒常通貨ベースでは 40% 減少しました。これには、前述の第 2 四半期の費用による約 6 ポイントの不利な影響が含まれます。

 

ここで、全社業績に戻ります。
ファイナンス リースを含む設備投資は、クラウドの需要をサポートするために 68 億ドルでした。P、P、および E に支払われた現金は 63 億ドルでした。 

 

営業活動によるキャッシュ フローは 112 億ドルで、前年同期比 23% 減でした。これは、強力なクラウド請求と回収が、R&D 準備金の TCJA 資本化に関連する税金の支払いと、従業員とサプライヤーへの支払いの増加によって相殺されたためです。フリー キャッシュ フローは 49 億ドルで、前年比で 43% 減少しました。この納税の影響を除くと、営業キャッシュフローは 7% 減少し、フリーキャッシュフローは 16% 減少しました。

 

今四半期のその他の収益と費用はマイナス 6,000 万ドルで、先物株式購入契約の時価評価損により予想を下回りました。 

 

当社の実効税率は約 19% でした。


そして最後に、自社株買いと配当を通じて、97 億ドルを株主に還元しました。

 

次に、第 3 四半期の見通しに移りましょう。これは特に断りのない限り、米ドルベースです。 

 

通年と次の四半期の両方についての私の解説には、必要な規制当局の承認を得ることを条件として、2023 年度の決算に向けて引き続き取り組んでいるActivisionの影響は含まれていません。


まずはFX。現在のレートに基づくと、現在、FX は総収益の伸びを約 3 ポイント、COGSの伸びを 1 ポイント、営業費用の伸びを 2 ポイント減少させると予想しています。セグメント内では、生産性とビジネス プロセスで約 4 ポイント、インテリジェント クラウドで 3 ポイント、モア パーソナル コンピューティングで 2 ポイントの収益成長へのマイナスの影響が予想されます。


コンシューマー ビジネスでは、Windows OEMPC市場がパンデミック前のレベルに戻るにつれて、デバイスは引き続き減少するでしょう。また、広告市場の支出は依然としてやや慎重であるため、LinkedIn と検索は影響を受けるでしょう。


コマーシャル ビジネスでは、12 月末に見られたビジネス トレンドが第 3 四半期にも続くと予想しています。顧客は支出に対してより慎重になっていますが、永続的な成長市場での当社の強力な地位を考えると、執行を改善する機会もあります。 

 

商用契約では、満期ベースが減少し、大規模な Azure 契約に匹敵する好調な前年度があったため、成長率は前年比で比較的横ばいになると予想しています。主要な年金販売活動全体で一貫した実行が期待されており、プラットフォームへの継続的なコミットメントは、前述の新規ビジネスの減速による影響と、前年度に Nuance を含めたことによる 3 ポイントの不利な影響によって相殺されます。 

 

Microsoft Cloud の粗利益率は、前述の会計上の見積もりの​​変更により、前年比で約 1 ポイント上昇するはずです。その影響を除くと、第 3 四半期のクラウドの粗利益率は、Azure によって約 1 ポイント減少します。  

 

設備投資については、クラウド インフラストラクチャの構築のタイミングが通常の四半期ごとに変動するため、ドルベースで順次増加すると予想しています。当社のデータセンターへの投資は、AI の機会を含め、短期的および長期的な顧客の需要に基づいています。

 

セグメント案内の横。 

生産性とビジネス プロセスでは、収益が一定通貨で 11 ~ 13%、つまり 169 億ドルから 172 億ドルの間で成長すると予想しています。 


Office Commercial では、Office 365 が再び収益の伸びを牽引し、顧客セグメント全体でのシート数の増加と、 E5 までのARPU の成長が見込まれます。Office 365 の収益の伸びは、恒常通貨ベースで約 1 ポイント低下すると予想しています。オンプレミス ビジネスでは、収益が 20 代半ばに減少すると予想しています。

 

Office コンシューマでは、 Microsoft 365 サブスクリプションが牽引して、一桁台前半の収益成長が見込まれます。 

 

LinkedIn については、前述の広告トレンドと採用の鈍化の影響を受けますが、プラットフォームでの強力なエンゲージメントが継続しているため、特に露出度の高いテクノロジー業界では、1 桁台半ばの収益成長が見込まれます。

 

また、Dynamics では、Dynamics 365 の継続的な成長に牽引されて、10 代後半から半ばの収益成長が見込まれており、Dynamics 365 は現在、Dynamics の総収益の 80% を超えています。 

 

インテリジェント クラウドの収益は、恒常通貨で 17 ~ 19%、つまり 217 億ドルから 220 億ドルの間で成長すると予想されます。

 

収益は引き続き Azure によって牽引されますが、これは、主にユーザーごとのビジネスと、契約の組み合わせに応じた期間内の収益認識から、四半期ごとに変動する可能性があることを思い出してください。 

 

Azure では、ユーザーごとのビジネスは引き続きMicrosoft 365 スイートの勢いの恩恵を受けるはずですが、インストール ベースの規模を考えると、成長率は引き続き緩やかになると予想しています。前に述べたように、恒常通貨で 30 代半ばの Azureの成長で第 2 四半期を終了しました。それから、第 3 四半期の成長は恒常通貨で約 4 ~ 5 ポイント減速すると予想しています。Azure の FX への影響は、セグメント レベルよりも約 1 ポイント多くなっています。

 

オンプレミス サーバー事業では、ハイブリッド ソリューションへの需要が不利な為替の影響によって相殺される以上に、収益が 1 桁台前半の減少になると予想しています。 また、エンタープライズ サービスでは、収益はMicrosoft Consulting Services 
に牽引されて 1 桁台前半から半ばまで減少するはずです。

 

More Personal Computing では、119 億ドルから 123 億ドルの収益を見込んでいます。 

Windows OEMの収益は、PC 市場に合わせて 30 代半ばから後半にかけて減少するはずです。第 3 四半期の PC ユニットは、パンデミック前のレベルと同様になると予想しています。

 

バイスでは、前述の実行上の課題に取り組んでいるため、収益は 40 代半ばで減少するはずです。

 

Windowsの商用製品とクラウド サービスでは、前年と比較して好調であり、 Microsoft 365に対する顧客の需要と当社の高度なセキュリティ ソリューションが、前述の新規ビジネスの減速によって部分的に相殺されるため、収益は比較的横ばいになるはずです。 

 

旧TACの検索およびニュース広告は、検索およびニュース広告全体の収益よりも約7ポイント速く、一桁台後半の成長が見込まれます。これは、Edgeブラウザーのシェアの増加とXandrの組み込みに支えられた継続的なボリュームの強さに牽引されています。  

 

また、ゲームでは、コンソール供給の増加の恩恵を受けた前年と比較して、収益が一桁台後半で減少すると予想しています。Xbox Game Pass サブスクリプションの増加サードパーティおよびファーストパーティ コンテンツの 1 時間あたりの収益の低下によって相殺される以上になるため、  Xboxのコンテンツとサービスの収益は 1 桁台前半の減少になると予想しています。 

 

会社案内に戻ります。

COGS は恒常通貨で 1 ~ 2%、または 156.5 ~ 158.5 億ドル、営業費用は恒常通貨で 11 ~ 12%、または 147 ~ 148 億ドルになると予想しています。 

 

その他の収益と費用は、利息収入が利息費用を相殺する以上になると予想されるため、約 2 億ドルになるはずです。思い出していただきたいのは、四半期ごとのボラティリティを高める可能性がある株式ポートフォリオ時価評価損益を認識する必要があるということです。

 

第 3 四半期の実効税率は 19 ~ 20% になると予想しています。 

 

そして最後に、第 3 四半期のキャッシュ フローのリマインダーとして、TCJA による研究開発費の資本化に関連して 12 億ドルの現金納税が見込まれます。 

 

次に、下半期と通期についての考えです。

まず、コマーシャル ビジネスでは、上半期の恒常通貨ベースでの収益は 20% 増加しましたが、12 月をどのように終了したかを考えると、下半期には減速が予想されます。  

次に、通年のエネルギーコストの上昇は、以前の見積もりである 8 億ドルと比較して、5 億ドルになると予想されています。

 

第 3 に、引き続き投資を優先し、Nuance と Xandr の買収を記念するため、第 4 四半期の営業費用の伸びは、恒常通貨で 1 桁台前半になるはずです。

 

最後に、オペレーショナル エクセレンス、コストと成長の調整、お客様の成功への投資、AI プラットフォームの波の先頭への取り組みに引き続き取り組んでいます。その結果、第 2 四半期の費用と会計上の見積もりの​​変更による有利な影響を除外すると、 OEM収益の大幅な減少による逆風があっても、年間の営業利益率は恒常通貨で約 1 ポイント、米ドルで約 2 ポイント低下すると予想されます。そしてより高いエネルギーコスト。 

 

今年の上半期には、収益の 70% 以上が商用ビジネスによるもので、その 70% 以上がMicrosoft Cloud によるものでした。私たちは、シェアを獲得している持続的な成長市場において、回復力のある基盤を持っています。私は、Microsoftチームが短期的な状況を管理しながら、将来に向けて自らを位置づけることができると確信しています。

 

以上

【市場振返】景気後退なのに債券売り?今はキャッシュイズキング!

 

みなさんおはようございます!

今日のマーケットまとめを書いていきます!

 

マーケット振り返り

主要指数の値動き

主要3指数はこぞって大暴落。S&P500のマップを見ていきましょう。

 

S&P500ヒートマップ

 全体的に真っ赤です。決算の良かった$ADBEと、格付けが引き上げられた$METAは上昇しています。

 

米国債券利回り


 金利の動きはまちまち。長期金利は上がり、短期金利は下がっています。先日のFOMCで大きく動いた分の微調整が入っていると思われます。Fear & GreedはFearの領域に入ってきて、投資家のセンチメントが落ち込んでいることが見て取れます。

 

CNBCの記事にもこのようなものがありました。

www.cnbc.com

 

日中の値動き

日中の動きはこうなっています。

 本日は米国のメジャーSQということもあり、大量のオプション取引が期日前に行われたことが予想されます。そのため、序盤は株価が大きく根を下げ、後半は買い戻しが行われた方な形状となりました。週明けからは、株価は落ち着くかもしれませんね。

 

セクター別パフォーマンス

 先日の債券買いから一変して、今日は債券が売られました。そして、不景気に強いとされる有事の金が上昇したことから、金鉱株が上昇しています。特に、不景気に弱いとされる一般消費財や、不動産、エネルギーからの資金流出が目立ち、市場は引き続き景気後退を懸念しているようです。

 

国別パフォーマンス

 新興国株も基本的には景気後退懸念で下落しています。今日は東南アジア地域が強かったですね。

 

主要決算

 $ACN, $DRIの決算がありました!ACNは欠陥はクリアしまいたが、ガイダンスをミスしたため、市場で6%のマイナス。成長率も売上が5%、EPSが10%と物足りません。

 

 

 DRIは決算をクリアしてきました。成長率は10%程度と比較的堅調でしたが、今後の景気後退懸念から市場では1.6%のマイナスとなりました。

 

 

経済指標

 ここには新しい材料はありません。また、米国戦略的石油備蓄のために石油の買い戻しを開始したと報道があり、ホワイトハウスは 10 月に、価格が 1 バレルあたり約 67 ~ 72 ドル以下である場合、SPR のために原油を買い戻すと発表しました。

 

 つまり、原油は$70付近で下値を固める可能性が高く、原油価格の下落に一旦の歯止めをかけそうです。

 

www.cnbc.com

 

利上げ予想

利上げ予想はこのようになっています。

今が、4.25-4.50%ですので、2月が0.25%、3月が0.25%で予想が乱高下しています。FRBの予想が5.00-5.25%となっているので、やや、予想が下振れているかなという印象です。それだけ市場は景気後退を懸念しており、FRBが引き締め過ぎることを懸念しています。

 

銘柄規模別パフォーマンス

 表の数字は左から、日時変動、週間変動、月間変動、年初来変動率となっています。以下同様です。

 

 先日に引き続き、大型、中型の売りが目立ちます。機関投資家を中心に株から資金を非難しているようです。特に、大型成長株からの資金流出が大きいですね。今後は、この資金が、債券や金に流れる可能性もありますし、キャッシュイズキングで待機資金となる可能性もあります。注目しましょう!

 

レバレッジETF別パフォーマンス

 

 レバレッジETFは悲惨なものです。唯一のプラスは金鉱株。有事の金とはよく言ったもので、本日はこちらが資金の避難場所になっているようです。今後も債券や、金にはより注目が集まるでしょう。

 

時価総額TOP10

 

 大型株は全てマイナス。特にハイテクを中心とした成長株は大きく売られています。今は景気後退が懸念される場面なので、成長株は弱いですね。しっかりディフェンシブな銘柄で構成することで資金を守り、不景気前の株高に備えましょう!

 

商品先物

 

 原油は、本日下落しましたが、米国が$70近辺で原油を買うと言っているので、底値が固くなってくる可能性があります。景気後退が懸念される中、工業系の金属、木材、綿花は下落、有事の金を中心として貴金属は上昇と、教科書通りの動きとなりました。

 

 現時点で利上げは続いていますし、FRBタカ派姿勢が変わっていないこと、債券投資家が不景気のリスクを織り込みにかかっていること、雇用の逼迫は改善していないことを考えると、上値は重い展開になることが予想されますから、ディフェンシブ株や、不景気に強い銘柄でPFを固めておくほうが賢明です。

 

例えば、このような銘柄です。

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

立ち回りは、こうするのがいいと思います。

note.com

 

その後の株高局面では、成長率やバリュエーションが高いハイテク株や、新興国株がブームになる可能性あります。

 

例えばこのような銘柄です。

note.com

 

 ただし、景気後退前の株高は短命で1年足らずで終了し、その後は暴落してしまう可能性が高いですから、失業率の上昇や、予防的利下げなどの経済指標に敏感になり、欲豚になってガチホし続けないように注意してください。

 

暴落時の立ち回りはこのようにしておくのがいいと思います。

note.com

 

投資はあくまで自己責任です。

自分のリスク許容度の範囲内で投資をするようにしてください。

 

まとめ

 本日は、景気後退を意識して、ほぼ全てのセクターで売りが優勢となりました。昨日売られた有事の金は本日買われましたが、債券も売られ、Fear & Greed指数はFearに突入したことを考えると、投資家は2023年にも景気後退がくることを予測していると思います。

 

 今後は、景気後退に強い銘柄や商品が注目を集める可能性があるため、引き続きディフェンシブなPFで望むのが賢明です。

 

 しかし、今後、利上げが終了した暁には、株価は不景気の株高になる可能性が高いので、過度に悲観するのではなく、成長株を買い向かうための資金づくりとしてPFをディフェンシブに固めるといった戦略が大事かと思います。

 

オススメ記事

 こちらも書いておりますので、併せて読んでいただけると嬉しいです。

 

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

経済指標などの詳細記事はここでまとめています。

note.com

 

written by ひこぐま管理人

 

記事一覧へ戻る

 

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

【米株ポエム】景気後退の前触れ?株高は来る‼️

 

2022/12/15の米国市場は指数を中心に大きく下落しました。

正直、昨日の下落は気持ち悪いものがありました。

 

 

 

 

指数は下げている、債券は上がっている。経済指標は弱い。今までだったら、弱い指標はいい指標。「Good news is Bad News.」の状況では歓迎された指標のはずでした。

 

しかし、株価は出来高を伴って、暴落。

直近の3日間は、CPI、FOMCがあったので、出来高が大きくなることは理解できます。しかし、今日も出来高大きいです。しかも、窓開けてるし。

 

うーん。。。これは良くない兆候かも。

年末ラリーを期待していましたが、短期的には下落か?

 

企業の規模別の騰落率を見てみよう。

ふーん。大型株を中心に下げている。

これは個人投資家の仕業ではないな。おそらく出来高も大きいし、年末の休業に向けて、機関投資家がリスクのある商品を売却している可能性がありますね。

 

そろそろ、タックスロスセリングの買い戻しで株価上昇を期待していましたが、今年はサンタラリーなし?

 

 

 

昔のクライシスの時は、利上げが終了して、停滞している局面であれば、株価は上昇する力の方が強かった。(ITバブルの後は例外)

 

ITバブルの時(こりゃひどいね。。。。)

 

リーマンショックの時(QQQ強いね)

 

コロナショックの時(うん。いいパフォーマンス)

 

今回こそは違う?景気後退前の株高なし?

ITバブルの再来?それはないと思う。

 

S&P500のPERは、ITバブルの時は一時的に45まで行きました。

S&P500のPEレシオ推移

 

今のPERは17。過去とは大きく違うし

 

EPSの成長予測もいまだに+を維持。

 

利上げの終着点は見えてきていて

 

インフレは落ち着きを取り戻していて

 

詳細はこちら

note.com

 

雇用だけが強い

 

詳細はこちら

note.com

 

でも、航空運賃と、宿泊費は下がってきていて、サービス業にも翳りが見えてる。


ここまで見ても、金融政策は順調に経済を冷やしてきていて、インフレ鎮圧までは後少しというところ。もう少しで、米国は経済安定を取り戻すという感じです。

 

 

ではなぜ。。。。

答えはおそらくこれです。

 

FOMCが出した2023年GDP成長率の見通し。

注目は2023年の「Change in real GDPGDP成長率予測です。見てください、1.2%から0.5%に下がっています。来年の景気後退は予想以上じゃね?これを機関投資家が織り込みにきたのかも。

 

あと、FRBタカ派発言。

note.com

 

利上げはまだ続ける。利下げは2%のインフレ率が達成できるまで考えてもいない。ターミナルレートは投資家が予想しているより高い5.00-5.25%になるだろう。

 

これらに、投資家は縮み上がったのだと思います。

 

 

ここは冷静に。。。

債券投資家の予想と、FRBの認識に齟齬があるということは債券投資家はFRBの言っていることを疑問に思っているということになります。

 

  • ここまで経済指標が悪くなっているのにまだ利上げをするのか
  • これ以上引き締めたら、景気後退に入るぞ
  • GDPの予想値がここまで下がっているのに、政策金利は5.00-5.25%??
  • FRBは経済を◯しにかかってる。
  • 今のうちに株を売って、債券に避難しよう

 

昨日の相場は、そういう声が聞こえてきましたね。

これが一部の動きであれば小さな下落で済みますが、みんなが同じことを考え始めたら、大きなクライシスにつながる可能性すらあります。

 

 

しかし、私はそこまで悲観することはないと思います。

FRBは株価を引き上げないために、タカ派発言で市場を牽制し、資産効果で購買意欲を高めてはいけないという気持ちを持っているからです。

 

これに縮み上がってはいけないのと、パウエル議長はこのようなことも言っています。

  • インフレのコントロールはできると確信している
  • ソフティッシュランディングの可能性を残しているし、できると思っている
  • 引き締めのしすぎは甚大な被害を生む
  • 経済を壊して後始末をするというのは適切ではない
  • 住宅市場は来年半ばにも落ち着くだろう

 

 このように、経済にもきを配りながら、景気後退を引き起こさないように市場をコントロールしようとしています。そのため、楽観が過ぎる市場を、あえて強いタカ派姿勢を示すことで冷やそうという意図があります。

 

 GDPについては注意する必要がありますが、成長が鈍化するもののプラス成長であること、GDP減速することでインフレ圧力は収まり、FRBの姿勢も鳩派に傾いていくことなどを考えると、2番底を割る展開よりも、最終利上げが終了した後に株高局面がくる可能性の方が高いと思います。

 

 

しかし、現時点で利上げは続いていますし、FRBタカ派姿勢が変わっていないこと、債券投資家が不景気のリスクを織り込みにかかっていること、雇用の逼迫は改善していないことを考えると、上値は重い展開になることが予想されますから、ディフェンシブ株や、不景気に強い銘柄でPFを固めておくほうが賢明です。

 

例えば、このような銘柄です。

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

立ち回りは、こうするのがいいと思います。

note.com

 

その後の株高局面では、成長率やバリュエーションが高いハイテク株や、新興国株がブームになる可能性あります。

 

例えばこのような銘柄です。

note.com

 

ただし、景気後退前の株高は短命で1年足らずで終了し、その後は暴落してしまう可能性が高いですから、失業率の上昇や、予防的利下げなどの経済指標に敏感になり、欲豚になってガチホし続けないように注意してください。

 

暴落時の立ち回りはこのようにしておくのがいいと思います。

note.com

 

投資はあくまで自己責任です。

自分のリスク許容度の範囲内で投資をするようにしてください。

 

【日報】もう景気後退懸念?揺れる株式市場



みなさんおはようございます!

本日から日報を書こうと思います!

 

マーケット振り返り

主要指数の値動き

主要3指数はこぞって大暴落。S&P500のマップを見ていきましょう。

 

S&P500ヒートマップ

 

米国債券利回り

 金利は下がっていますね。金利が下がっているということは、インフレ懸念ではないです。おそらく先日のFOMCGDP予測が大幅に縮小されたことにより、景気後退懸念が出てきているのでしょう。

 

CNBCの記事にもこのようなものがありました。

www.cnbc.com

 

日中の値動き

日中の動きはこうなっています。

初めから最後までずーっと下げましたね。不景気懸念ということは、小売売上高の減速も影響したのかもしれません。

 

セクター別パフォーマンス

債券以外は全て大幅な下落。資金が債券に流れていて、リスクオフの展開になっていることがわかります。市場は不景気を織り込みにきていますね。今後もこの傾向が続くのか注目です。

 

国別パフォーマンス

金価格が大きく下落したため、産金国の南アフリカの株価は大きく下落しまいた。年初から好調のトルコは今日もプラスですね。全体的に不景気を懸念されている以上、新興国のパフォーマンスは悪いです。

 

主要決算

レナーと、Adobeの決算がありました。レナーは決算クリア。Adobeは売り上げガイダンスをミスしましたが、EPSガイダンスは突破したため、アフターで6%ほどの上昇です。よく頑張ったと思います。

 

経済指標

 今日は、小売売上高の発表があり、小売は大きく失速、コア小売売上高もプラス予想がマイナスに触れたことで、インフレの懸念が収まるかと思いましたが、逆に景気後退を意識した売りが出ましたね。

 

 まだ、景気後退を懸念するのは早いと思いますが、FRB金利をまだまだ上げるといっているので、直近ではディフェンシブにPFを固めるのがいいと思います。

 

利上げ予想

利上げ予想はこのようになっています。

今が、4.00-4.25%ですので、2月が0.5%、3月が0.25%で予想が乱高下しています。FRBの予想が5.00-5.25%となっているので、やや、予想が下振れているかなという印象です。

 

銘柄規模別パフォーマンス

 今日は全体的に大幅下落。特に大型を中心に下落しているので、機関投資家が株から債券に資金を移している可能性がありますね。

 

レバレッジETF別パフォーマンス

 レバレッジETFは悲惨なものです。唯一のプラスは債券。やはりこちらが資金の避難場所になっているようです。

 

時価総額TOP10

 ハイテクを中心に大きな下落。テスラは、イーロンマスク氏が再びTSLA株を売却していたことがわかり、その反動で上げに転じたと見られます。

www.bloomberg.co.jp

商品先物

 原油は、米国の原油在庫量が増えていることがわかり、需要の減速が懸念され下落。その他、景気後退懸念で工業系の金属や木材、綿花なども下落。貴金属もそれに発破られる形で下落しまいた。

 

まとめ

 本日は、マーケットがFOMCGDP見通し引き下げによる景気懸念で大幅下落か。小売売上高は大幅減速で、インフレにはプラスだが、景気後退懸念に拍車をかけた形。資金は株式から債券に移動という1日になりました。

 

 今後もこの傾向が続くか注視していきましょう。

 

オススメ記事

 こちらも書いておりますので、併せて読んでいただけると嬉しいです。

 

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

経済指標などの詳細記事はここでまとめています。

note.com

 

written by ひこぐま管理人

 

記事一覧へ戻る

 

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

【米国株】インフレを心配しなくて良い理由6選

 

 皆さん、こんにちは!ひこぐまです。今日は、「インフレを心配しなくて良い理由6選」といった内容でお届けしたいと思います。

 

 

現在のインフレ率のおさらい

 ここでは、米国消費者物価指数(CPI)のことを、インフレ率として話を進めていきます。まず、2022年年初からの前年比、前月比のインフレ率を確認してきましょう。

 

 

 10月のCPI総合のインフレ率は7.7%と予想を大きく下回って下落傾向が鮮明になりました。今月は、先月の前月比0.4%を下回る、0.3%が予想されており、6月までの1%前後のインフレ率はかげを潜めています。

 

 ここまでインフレ率が下落してきた背景には、ほぼ全ての項目でインフレ率が下落してきていることが要因として挙げられます。まずは、CPIの構成要素を見てみましょう。

 

CPI構成比率

 CPIの構成比率はざっくりこんな感じになっていて、消費財、サービスの大きく分類されたのちに、詳細項目に分けられます。

 この図の中で一際目立っているのが住居費だと思います。これは全体の1/3を占める巨大な項目なのですが、住居費に関しては、上昇し続けているのです。

 

理由①:CPIの住居費は遅効指標だから

 住居費に関しては、以下の図のように、4月から0.5%以上の伸びを継続していて、先月はついに4月以来最高の0.8%を記録しています。なぜこんなにも住居費のインフレは止まらないのでしょうか。

 

 

 これは、住居費のインフレ率がCPIのデータに反映されるまでにタイムラグがあるために、なかなか指標に乗ってこないというジレンマがあります。実際に先行指標である、ケースシラー住宅価格指数は下落してきていますが、過去のデータを見ると、CPIのShelter項目に反映されるのはおよそ1年ほどかかるようです。

 

 

 赤線が、CPIの住宅費(Shelter)項目の前年比インフレ率で、青線がケースシラー住宅指数の前年比インフレ率です。2006年にケースシラー住宅価格指数が下落しはじめてから、CPIが反応しはじめたのが2007年ごろでした。また、2009年ごろにケースシラー住宅価格指数が底打ちしてから、CPIの住居費が反応したのは2010年でした。

 

 これは、住宅費の大半を占める帰属家賃の計算方法が、過去6ヶ月の平均上昇率を取ることや、賃貸の契約更新の周期が半年から1年と言われているため、反映には非常に時間がかかると言われています。

 

理由②:アパートメント価格は大幅に下落している

 しかし、足元の住宅価格について先行指標を眺めていても、住宅価格はアパートメント、中古・新築、ケースシラー住宅価格指数、どれを確認しても大幅に下落しているため、住居費インフレはすでに終焉している可能性が高いです。

 

MoM rent growth nov22

図 米国アパートメント価格インフレ率前月比

(出典:https://www.apartmentlist.com/research/national-rent-data)

 

 

図 米国アパートメント価格インフレ率年初来

(出典:https://www.apartmentlist.com/research/national-rent-data)

 

理由③:中古住宅価格の中央値は大幅に下落している

 

図 中古住宅販売価格の中央値

 

理由④:ケースシラー住宅価格指数は下落し始めている

 

図 ケースシラー住宅価格指数

この住居費がコアCPIを強く押し上げているわけです。コアになると食品とエネルギーがのぞかれるので、住居費の寄与率は40%に押し上げられます。それにも関わらず、前月比のコアCPIが0.3%しか上昇していないということは、住居費以外のインフレは大きく下落していることが考えられます。

 

図 コアCPIの前年・前月比のインフレ率(青:前年、緑:前月)

 

 ここまで住居費が、インフレ率を押し上げしており、その影響はケースシラー住宅価格指数の1年後に指標に現れるということをお話してきました。ケースシラー住宅価格指数が2022/6に鈍化し始めたことを考えると、CPIへの反映は2023年6月頃になることが予想されます。

 

理由⑤:住居費以外のインフレは既にピークアウトしている

 では、住居費以外のインフレはどうかについて検討してみましょう。住居費以外のインフレ率はこちらを参照してください。

note.com

 

 結果をまとめると、住居費以外の項目は概ね縮小傾向、または、縮小している状況にあり、今月はエネルギー価格も下落していることから、CPIが再び上昇トレンドに乗って上がっていくということは考えにくいです。

 

理由⑥:米国の景気後退は指標・決算に表れている

 今は、年末商戦の真っ只中で、米国民は必需品の支出を削って、再びコロナパンデミックに入る前の旅行を楽しんでいるというニュースも出ています。

 

 ガソリン価格も下落していますし、生活必需品の売れ行きも良くない、アパレルは在庫がたまり、小売業は雇用を削減しています。それだけ、米国の景気は減速しており、債券市場はこれを織り込みにかかっています。

 

図 20年債券(TLT)の年初来チャート

 

図 原油先物の年初来チャート

 

jp.reuters.com

 

jp.reuters.com

 

jp.reuters.com

 

今は、インフレを心配するフェーズではなく、景気後退に備えるフェーズです。景気後退に強い銘柄を選択して、景気後退の波に乗りましょう。

 

具体的な銘柄については、こちらで解説しています。

kyoumi-ari.hatenablog.com

 

景気後退時の立ち回りについては、こちらをご参照ください。

note.com

 

終わりに

 

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、以下のリンクをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。

お支払いはこちら

 

価値がないと思った場合には、お支払いは不要です。同じ記事を読み返して、新しい気づきがあった場合には、1人で何回クリックしても問題ありません。

 

以上です。投資は自己責任でお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。